〒350-2206

埼玉県鶴ヶ島市藤金 845-4 3F

TEL:049-272-0164

更年期外来

更年期外来とは

更年期外来

更年期外来は、更年期障害が原因で日常生活に支障をきたしている患者様を主な対象としています。そもそも更年期とは、多くの女性が閉経を迎えるとされる50歳前後の年代の方を意味し、45~55歳頃までの約10年間を一般に更年期と呼びます。

更年期障害について

女性は30代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量が徐々に減少していきます。そして更年期の年代になると、女性ホルモンの分泌量が急激に減少していきます。この変化に体が対応しきれないことで、様々な不調を招くようになります。ただ、この不調症状というのは個人差が大きく、程度が非常に強い方から全く感じないほど弱い方まで様々です。なかでも日常生活に差し支えるほどの症状が現れたという場合は、更年期障害と診断されます。

更年期障害は多種多様な不調が心身に現れますので、似たような症状の病気を見過ごしがちになります。そのため更年期障害の症状と思っていたら、実は別の病気が体内に潜んでいたという可能性もあります。原因をはっきりさせるためにも速やかに医師の診察を受け、検査をするようにしてください。少しでも体調が悪いと感じたら、お早めにご相談ください。

更年期障害の主な症状

体の症状

  • 体が重だるい
  • 立ちくらみ
  • 疲れやすい
  • 耳鳴り
  • のぼせる
  • 動悸
  • 顔がほてる(ホットフラッシュ)
  • 手足の痺れ
  • 手足の冷え
  • 乳房の痛み
  • 大量の汗をかく
  • 関節の痛み
  • 体の痒み
  • むくみ
  • 皮膚や目、口の乾燥
  • 肩こり、腰痛
  • めまい
  • 頭痛、頭重感
  • 尿トラブル(頻尿、尿漏れ)
  • 性交痛
  • 抜け毛
  • 薄毛 など

心の症状

  • イライラ
  • 不眠
  • 不安
  • 情緒不安定
  • 意欲の低下 など

検査について

医師が診察し、症状などから更年期障害が疑われる場合、血中の女性ホルモン量を調べる血液検査を行い、診断をつけます。このほか、精神疾患が疑われる場合は心理状態に異常がないかどうかを調べる心理検査を行うこともあります。

治療について

更年期障害と診断されたら治療を行います。主に低下したホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)になりますが、場合によってはHRTと併用して漢方薬や向精神薬(抗うつ薬、抗不安薬)も用いられることもよくあります。このほか、患者様のお話をお聞きしたうえで、更年期障害を招いているとされる生活習慣があれば、その改善をアドバイスいたします。

当院ではプラセンタ治療が保険で行えます。

クリニック概要

ヒロレディースクリニック
診療科目
婦人科・女性内科
住所
〒350-2206 埼玉県鶴ヶ島市藤金 845-4 3F
最寄駅
東武東上線 若葉駅西口 すぐ
TEL
049-272-0164
診療時間
9:30-12:30
15:30-18:30
休診日:木曜・日曜・祝日
イラスト地図